治療院における健康食品と薬機法

健康食品とは?

実は健康食品に法律的な定義はありません。
一般的な食品よりも健康の増進や保持に
役立つであろう食品のこと全般をさして言います。

特定の成分を抽出、濃縮しカプセルや錠剤化した
サプリメントも健康食品の分類に入ります。

そして健康食品を語る上で欠かせないのが
「46通知」と呼ばれる昭和46年に制定された
医薬品と誤解をまねく表現に関しての通知です。

健康食品であるにも関わらず、
医薬品のように薬効をうたったり、
その他にも医薬品と勘違いするような
表現に関して「4つの基準」などが示されました。

治療院で気をつけたい健康食品による薬機法違反

治療院でも患者様のセルフケアの一環で
サプリメントなど健康食品を販売することがありますが、
薬機法違反にならないために前述した
「4つの判断基準」を知っておき、
それを遵守することが大切です。

【4つの判断基準】とは

 ① 成分(医薬品で使う成分を含めることができない)
 ② 形状(アンプル、舌下錠、スプレーなど医薬品と間違うもの)
 ③ 効果効能(病気を治したり予防するなどの表現)
 ④ 用法用量(飲む時や飲む量の指定)

健康食品がこれら4つの条件に引っかかってしまうと
医薬品とされるため、薬機法違反となってしまう。

特に治療院においては
効果効能や用法用量を患者様に説明したり、
院内の広告に載せてしまうなどで
違反を指摘されることがあるので注意したい。

【健康食品で薬機法を守る3つのポイント】

治療院で健康食品を扱い薬機法に違反しないように
気をつけておきたいポイントが

 ① 効果効能
 ② 特定部位
 ③ 病名及び症状名

この3つを守ることです。

①は、
このサプリメントを飲むことで○○が改善する、
△△を予防することができる
など、効果効能を示すことは違反となります。

②は、
この健康食品を摂取することで肝臓が元気になる、
腎臓の働きをたすけて尿が出やすくなる
など、体の特定部位を
表示することも違反になります。

③は
便秘や関節痛、睡眠障害などに良い
など、具体的に病名を表示すると
違反の指摘を受けてしまいます。

またこれらの内容を
治療院の先生やスタッフではなく、
実際に摂取した患者様の体験談であっても、
薬機法違反となってしまうので注意が必要です。

まとめ

健康食品には「4つの判断基準」が存在し、
それに抵触することで薬機法違反となる。

成分、形状、効果効能、用法用量など
4項目が医薬品と間違われないように扱わなければならない。
例えそれが患者様の実際の体験談であったとしても
4つの判断基準に抵触すれば薬機法違反になってしまいます。

いいね! 4

専門家紹介

  • 土井 雄策 磐田整体ラボラトリー 国際セラピスト、鍼灸師、薬機法コピーライター

    プロフィール
    薬機法を守りながらも売れるセールスコピーの作成 薬機法、医療法、あはき法コピーチェック&リライト 法律を守りながら魅力を引き出すWEBライティング
コメントは利用できません。

セミナーカレンダー

専門家一覧

専門家一覧はこちら

最新記事

  1. 2019-1-23

    友達にすすめやすい!紹介ボタン

    友達に口コミしやすい!紹介ボタン スマホサイトで「紹介ボタン」を 見たことはございませんか? …
  2. 2019-1-22

    ホームページのページ追加

    ページを追加したい時 ホームページを最初に作ったときから、数ヶ月(あるいは数年) 新しいメニュー…
  3. 2019-1-22

    広告が通らない!そんな時のコンテンツ改変サービス

    PPC広告の審査が通らない! GoogleやYahooの広告審査が通らない! ホームページの文章…
ページ上部へ戻る